PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

≫ EDIT

近藤誠さんが流行る深層

 昨年も取り上げた近藤誠さんの勢いが続いています。

 テレビ番組(TBSの「中居正広の金曜日のスマたちへ」)に出演され、また文藝春秋2014年11月号には「健康診断が私たちを不幸にする 『健康長寿』医者も薬も信じるな」という文章を寄稿され、またインターネットでも「近藤誠(元慶応病院医師)が『子宮頸ガン検査不要』と憤る理由」が配信され、そして小学館から発行される漫画誌において強烈な題名の漫画の監修をされるそうです。

 幸いにして、実名で、あるいは匿名で、近藤さんの考えの誤りを指摘する医師が続々と出ています。近藤さんは非常に熱心なご信奉者がいることで知られ、実名で近藤さんの誤りを訂正する本や情報を出されている先生方はネット上で一部のそしりを受けられてもいます。そんな中に発信することは勇気を要するものでもあります。

 近藤さんの批判はがん治療だけではなく、検診など様々な方面に向けられています。世の中にはそれぞれの分野の専門家がたくさんいますから、ぜひとももっと実名で反論していただきたく思います。あるいはそのような動きもあるようですが、関係する各団体は近藤さんの勢いを超えるようにアクションしてもらえれば嬉(うれ)しく思います。

 また、医師ではない方々が「信じたらどうだったのか」と体験をお話しくださることも重要です。例えばこちらの方のお父さんの体験は、終末期の方に近藤さんの本がいかに影響したかが、そしてお父さんが緩和ケアを嫌がり、鎮痛薬を止め、それでも緩和ケア医は支え続けたことなどがつぶさに書かれていると思います。


 さて近藤さんの言説は勢いを増し、より独自色を強めているようです。

 一例を挙げます。近藤さんは子宮頸(けい)がんの検診が不要と主張しているのですが、その根拠はどこにあるでしょうか。

 検診にもまだ科学的根拠が強固ではないものもあれば、科学的根拠が相応にあるものまで、濃淡があります。

 子宮頸がんの検診は、大腸がんの検診と並んで、がん検診の中でも科学的根拠が相対的に強い部類のものです。

 日本において1988~2003年に45市町村を対象にした調査(63541人を解析)で、検診受診者の子宮頸がん死亡率が非受診者に対して70%減少 <健康な人のほうがより検診を受ける現象があるため、その影響を除外する解析を行うと58.9%の死亡率減少>(Aklimunnessa K,2006) や、検診の導入による子宮頸がん死亡率の減少はアイスランド80%、フィンランド50%、スウェーデン34% <これらの国は全国的に検診が実施されている>(Laara E,1987) 、オーストリア44%(Vutuc C,1999)とされている <参考;有効性評価に基づく子宮頸がん検診ガイドライン,2009> など、同検診に効果があることについては大きな異論がないのではないかと思います。

 子宮頸がん検診で見つかるがんは、約7割が早期がんとのデータがあります(例えば、東京都予防医学協会HPなど)。

 検診で見つかる早期がんは近藤さんの分類では治療しなくても問題ない「がんもどき」に入るでしょう。

 近藤さんの理論が正しければ、がんもどきは命に関わらないのですから、検診で早期発見して治療しても、検診受診者の子宮頸がん死亡率が非受診者に対して下がらないはずです。

 ところが実際は、検診で見つかったがん(多くが早期がん)が治療されることで、子宮頸がん死亡率が各国で下がっています。

 つまり、命に関わるはずだったがんを早期発見・早期治療にて取り除いているから、子宮頸がん死亡率が下がっていると考えられます。早期がんでも命に関わるのを示しているのが、検診による子宮頸がん死亡率の減少と言えるでしょう。

 これはがんもどき理論の誤りを示す一証拠となっています。

(2014年11月6日 読売新聞より抜粋)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=107795


【関連書籍】
近藤理論に嵌まった日本人へ 医者の言い分(祥伝社新書)
「医療否定本」に殺されないための48の真実 (扶桑社文庫)
「抗がん剤は効かない」の罪

| がん | 02:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。