PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

≫ EDIT

帯状疱疹 治療遅れるとヤバイ 発症3日間が勝負だ

 帯状疱疹は赤い発疹、腫れ、痛み、水ぶくれ、その後のただれが典型的な症状だが、厄介な“後遺症”が2つある。

 東京慈恵会医科大学付属病院皮膚科・松尾光馬診療医長に聞いた。

「まずひとつは皮膚症状が治っても、痕が残りやすいこと。帯状疱疹の重症例では、広い範囲に発疹ができ、顔などに出ると痕が目立ちます。もうひとつは痛み。“発症早期の急性期痛”と、皮膚症状がよくなってから3カ月以上経っても治らない“帯状疱疹後神経痛”です」

 帯状疱疹後神経痛は患者全員にあるわけではないが、多くが激しい痛みを伴い、難治性だ。

「衣類などが軽く触れただけで、違和感や電気が走るような痛みを感じる人もいます」

 帯状疱疹の原因は水痘・帯状疱疹ウイルスだ。子供の頃に水疱瘡にかかり、治っても、このウイルスは神経細胞に潜伏していて、疲労などで免疫力が落ちたときに“悪さ”をして帯状疱疹として出る。

「帯状疱疹の予防法としてワクチンがあるのですが、日本では今のところ認められていません。だから、先に挙げた“厄介な2点”の被害をできる限り避ける方法を取るしかない。それが、“発症したらすぐに皮膚科で治療を受ける”です。理想は3日以内。3日を過ぎると、皮膚の症状がひどくなり、痕が残りやすい。さらに、急性期痛を抑えるのにも時間がかかります」


 特に要注意は、帯状疱疹の症状が軽い人だ。

「帯状疱疹の多くは、放っておいても治り、軽い人ほど、病院に行かない。しかし“治療を受けずに治した人は、治療を受けて治した人より帯状疱疹後神経痛が出やすい”と、国内外の複数の報告から明らかになっています」

 できるだけ早く治療を受けるために知っておくべきことを、松尾医長に挙げてもらった。

【赤い発疹が出る4~5日前から痛みが続いていた】
 帯状疱疹は顔面、胸、背中、おしり、腕、脚など体のどこにでもできる。

「最初は赤い発疹ですが、4~5日前から痛みが起こるのが、帯状疱疹の第一の特徴です。ただし、痛みは場所によって頭痛、胸痛、腹痛、腰痛など別の病気と間違われやすく、痛みだけの段階で見分けるのは難しいです。そのあとに赤い発疹が出てきたら、それは帯状疱疹だと考え、すぐ受診すべきです」

【症状は体の左右どちらかだけに出る】
「手なら左右どちらかだけ。顔面も同じで、左右どちらかの額とその周辺だけ、という具合です」

【比較的広い範囲で症状が出る】
「赤い発疹を虫刺されとされる人がいますが、虫に刺されたときはかゆみが中心で、帯状疱疹のように発疹が固まって出ることは少ない。そして帯状疱疹は神経の流れに沿って、帯状に広がります」

 松尾医長によると、受診までに要した期間を調べた調査結果で「3日以内」は40%と、少ない。

 仕事をなかなか休めないサラリーマンの場合、「発疹くらい」と思い、つい治療を後回しにするのだが、後々の苦しさを思うなら、“すぐ”が鉄則だ。

帯状疱疹 治療遅れるとヤバイ 発症3日間が勝負だ | 日刊ゲンダイ 健康・医療ネット
2011/03/15本誌掲載.
http://kenkou.gendai.net/skin/帯状疱疹

| 皮膚科 | 19:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。