PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

断薬後も消えない症状

 依存性のあるベンゾジアゼピン系の睡眠薬、抗不安薬の漫然処方問題を、新聞で詳しく取り上げてから3年がたつ。当初は、「ベンゾは長く飲んでも安全」と言ってはばからない医師が多く、減薬の相談で主治医に記事を見せた患者が、「そんなものは読むな」と怒られることもあった。

 ベンゾ系薬剤は、短期の使用では高い効果を得られるが、服用を続けるうちに効かなくなる「耐性」や、飲まないと不安になる「精神依存」、量を減らすと体調が悪化する「身体依存」が生じやすい。過量服薬すると酒に酔ったような「脱抑制」状態になり、事件や事故を引き起こしたり、倒れて運ばれ救急現場を混乱させたりすることもある。

 欧米では1970年代から依存性が知られ、規定量を守っても生じる常用量依存の問題も、1980年代には指摘されていた。日本でも、ベンゾ系薬剤は「麻薬及び向精神薬取締法」の指定物質とされるなど、以前から注意を要する薬として扱われてきた。それなのに、日本の医師たちは依存の問題に無関心で、患者が長期服用に疑問を抱いても「安心」「安全」の連呼でやり過ごし、数多くの処方薬依存患者を生じさせた。

 新聞に加え、以前のネット連載「精神医療ルネサンス」や本などでも関連記事を書き続けるうちに、「不調の原因が薬だと気づきました」「離脱症状をなんとか耐えて断薬できました」などの知らせが次々と届くようになり、風向きが変わり始めた。ベンゾの問題を以前から指摘していた一部の医師らの訴えや、被害者の声を国が無視できなくなり、重い腰を上げたのだ。


 2014年10月以降、ベンゾ系薬剤など向精神薬の処方剤数に、診療報酬による規制がかかった。睡眠薬、あるいは抗不安薬を3種類以上処方した医師は、「精神科継続外来支援・指導料」(550円)を請求できなくなり、加えて処方箋料などが減額されることになった。幅広く処方されている薬を対象に、医師の処方に明確な制限をかける対策は異例で、国が医師や関連学会に対し、「自浄能力は期待できない」と判断したに等しい。適正な処方を続けてきた精神科医らは「恥ずべき事態だ」と嘆く。

 こうした流れに危機感を募らせた日本精神神経学会は、2014年、精神科専門医らに薬の適正使用を学んでもらうインターネット講習を開始した。睡眠薬、抗不安薬に加え、抗精神病薬、抗うつ薬の正しい使い方を短時間の動画で解説する内容で、視聴した専門医からは肯定的な意見だけでなく、「簡単過ぎる」「専門医のくせにこんなことも知らなかったのかと笑われる」などの声が上がった。私も見せてもらったが、確かに初歩的な内容だった。とはいえ、解説にはベンゾ系薬剤の長期処方や常用量依存への注意喚起も盛り込まれた。少し前までは常用量依存を認めない医師もいたので、着実な前進と受け止めておきたい。

 しかし、この講習は専門医が知っておくべき最低限の情報をまとめたもので、減薬に関する説明はあるものの、実践的な減薬法を学べるわけではない。個々の患者の状態に応じ、きめ細かな減薬を行える医師は少ない。数多くの処方薬依存患者に対応するためには専門家の養成が急務で、政策面でも、適切な減薬に取り組む医師の診療報酬を増やすなど、柔軟な対策が求められる。

(yomiDr. 2015年3月3日 読売新聞 より抜粋)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=112518

| 精神科 | 21:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT