PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

体の衰え「ロコモ度」判定法を発表 日本整形外科学会

 日本整形外科学会は15日、運動機能が落ちて介護が必要になるリスクが高い「ロコモティブシンドローム」(ロコモ)の判定法を発表した。年齢・性別にかかわらず、台に座った状態からの立ち上がりや歩幅などによって、二つの段階に当てはまるかを判断する。


 判定には「立ち上がりテスト」と、大股で歩いた2歩分の幅をみる「2ステップテスト」、日常動作の困難度など25項目を点数化する「ロコモ25」を用いる。例えば、高さ40センチの台から片足で立ち上がれないと「ロコモ度1」、20センチの台から両足で立ち上がれないと「ロコモ度2」となる。

 ロコモ度1は筋力などが低下した状態で、定期的な運動とバランスのとれた食事に気をつける必要がある。ロコモ度2は、歩行など基本的な動きの衰えが進んでおり、自分で身の回りのことができなくなるリスクが高いという。学会は、ロコモ度2で痛みがあれば、整形外科の専門医の受診を勧めるとしている。

(2015年5月17日 朝日新聞デジタルより抜粋)
http://www.asahi.com/articles/ASH5H628NH5HULBJ010.html


関連サイト:http://locomo-net.jp/

| 整形外科 | 21:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT