PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

便に血が混じっている

【質問】50代前半の男性です。最近、便に血が混じっていることが多いように感じています。痔(じ)と思っているのですが、他に何か考えられる病気などはありますか。ちなみに普段からどちらかといえば軟便で、おなかを下すことも少なくありません。
 
【回答】血液の混じった便が肛門から排出される状態を「下血」といい、色調の違いから黒色の「タール便」と、鮮血に近い「血便」に分けられます。
 
 胃や小腸など肛門から比較的遠い消化管からの出血では、血液が消化液や腸内細菌の影響を受けるために、タールのように黒色に変色して「タール便」となります。
 
 一方、肛門から距離的に近い部位、つまり、大腸から肛門までの出血では、消化液や腸内細菌の影響を受けず、そのまま排出されるため、鮮紅色の「血便」となります。
 
 質問の方の場合は、おそらく「血便」が考えられますので、肛門から近い部位の病変が疑われます。主な疾患と、その特徴については、以下の通りです。


 <1>痔核(いぼ痔)、裂肛(切れ痔)
 
 痔核は、肛門の入り口の静脈がこぶのようにふくれた状態をいいます。裂肛は、硬い便により肛門の粘膜や皮膚が切れたときに起こります。便通は下痢よりむしろ便秘傾向になります。また排便時に肛門の痛みや不快感を伴います。
 
 <2>大腸ポリープ
 
 大腸の粘膜がもりあがり、いぼ状の塊ができる疾患です。ポリープが小さいうちにはほとんど無症状ですが、大きくなるにつれて腸の内容物がポリープの表面を刺激するため出血することがあります。
 
 <3>直腸がん、大腸がん
 
 早期の場合は、ほとんど症状がなく、血便も肉眼で確認できないため、検査を受けないと分かりません。進行がんの場合には、特に排便後に出血することが多く、また、便通は便秘と下痢を繰り返し、排便習慣の変化をきたします。また便が細くなったり、排便後もすっきりしない、しぶり腹になったりすることもあります。

>>>続き

(2015/1/17 徳島新聞より抜粋)

| 消化器内科 | 15:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT