PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ギャンブル依存症の8割が「パチンコ依存」 国内400万人以上に疑いあり

 安倍政権が「カジノ解禁法」を推し進めるなか、今年8月、厚生労働省の研究班が、国内でギャンブル依存症(病的賭博[とばく])に関する調査結果を示した。依存の疑いのある人は536万人で、内訳は男性438万人、女性98万人。成人全体の4.8%で、男性に限ると8.7%に膨れ上がる。さらに、うち約8割を占めるとされるのが「パチンコ・パチスロ依存症」だ。

 こうした現状に、パチンコ業界もギャンブル依存対策に乗り出した。


「今年度内をメドにホールの従業員教育のためのガイドラインを作成します。まず従業員がパチンコ依存症について認知し、接客に生かせるようにしたい。遊技機のシステムも射幸心を抑える方向に変えていくことを現在検討しています」(「日本遊技関連事業協会」の篠原弘志専務理事)

 業界団体が運営を支援する相談機関「リカバリーサポート・ネットワーク」では、パチンコ・パチスロ依存に悩む人やその家族を対象に、無料で電話相談を実施している(通話料は自己負担)。

(週刊朝日  2014年11月21日号より抜粋 )
http://dot.asahi.com/wa/2014111400068.html


【関連書籍】
ギャンブル依存との向きあい方―一人ひとりにあわせた支援で平穏な暮らしを取り戻す―
大切な人をパチンコから取り戻すために

【関連情報】
パチンコ依存症を脱出する方法 - パチンコ中毒(ギャンブル依存症)から脱出する心理ノウハウ 「もうバカらしくてパチンコなんてやってられないよ」吐き捨てるように言った、その理由を知りたくはありませんか?

| 精神科 | 18:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT