2015年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

放っておくと怖い副鼻腔炎

 「副鼻腔炎が怖い。鼻風邪をひいたまま放置しておくと、鼻の穴の粘膜が腫れ、その奥にある副鼻腔の入口が塞がり空気の流れが悪くなる。さらに放置すると、脳・眼・耳など顔にある器官全体に症状が及んでしまうことがあります。鼻汁が膿のように黄色味がかったり、緑がかった鼻水などの症状は、単なる鼻炎ではなく、副鼻腔炎の兆候なのです」(世田谷井上病院・井上毅一理事長)

 気温が低下すると、免疫力も落ちる。さらに湿度が下がると喉や鼻の粘膜も乾きがちになる。粘膜はほどよい湿り気を帯びていると喉や鼻を外の異物から守ってくれるが、乾燥によって機能が低下するとウイルスにも感染しやすくなるという。
 副鼻腔炎の原因でもっとも多いのが、風邪やインフルエンザのウイルスや細菌感染による急性副鼻空炎で、発熱したり濃い鼻汁が出て痛みが増す。目に近い副鼻腔で起こると、視覚異常になることもあるという。

(2013年11月23日 リアルライブより抜粋)
http://npn.co.jp/article/detail/24506236/


【関連情報】
副鼻腔炎・蓄膿症を改善!「鼻スッキリ!スルーノウズ」副鼻腔炎と蓄膿症をお悩みの方に。

| 耳鼻咽喉科 | 17:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

≫ EDIT

女性が気をつけたい目の病気症状

 甲状腺は甲状腺ホルモンなどを分泌する、のどの辺りに存在する器官です。目を動かす筋肉や眼球の周りの脂肪の中に、甲状腺に関係した抗体(免疫などに関与するもの)が存在しています。甲状腺眼症は、この抗体が何らかの原因によって攻撃されることで炎症が起きます。決して珍しくない病気で、甲状腺機能の異常が原因のバセドウ病(甲状腺機能亢進症)や橋本病(甲状腺機能低下症)の場合だけでなく、甲状腺の機能が正常な方にも起こる病気です。この病気は、必ずしも甲状腺の機能を正常にすれば改善するとは限らないようで、甲状腺の異常がみられる場合は甲状腺の治療も行いますが、目の治療は別と考えた方が良いようです。

≫ Read More

| 眼科 | 12:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

≫ EDIT

視神経のぜい弱性が原因!? 日本人に多い正常眼圧緑内障

緑内障は眼圧によって視神経が圧迫され、視野や視力に障害が出る病気。だが、日本人の緑内障患者の7割は正常眼圧。緑内障の治療は進行を抑えるのみで回復は期待できないが、正常眼圧緑内障では発症から失明まで30年は猶予があるとされる。人生80年の昨今、先手を打つに越したことはない。


 数年前の健診で緑内障の疑いが指摘されたHさん、54歳。先日、眼科で緑内障専門医に行くよう勧められた──。

 緑内障は眼圧によって視神経が圧迫され、視野や視力に障害が出る病気。目の中を循環している「房水」と呼ばれる液体がなんらかの原因で排出されにくい、あるいはまったく排出できなくなると眼圧が上昇し、長い間に視神経が切れてしまう。その結果、正しい映像を脳に伝えられず視野が欠けてくるのだ。失われた視神経の再生は不可能で、放置すると失明につながる。国内では40歳以上の20人に1人、40代に限ると50人に1人が罹患していると推測される。

 また眼圧が原因としたが、じつは日本人の緑内障患者の7割は正常眼圧(10~20mmHg)なのだ。このため現在は、眼圧に対する視神経の抵抗力が弱いほど緑内障を発症しやすいと考えられている。このぜい弱性が人種的要因なのかどうか、詳しくはわかっていない。

≫ Read More

| 眼科 | 12:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

≫ EDIT

飛蚊症 レーザー治療は安全か

【質問】 50代の女性です。少し前から目に違和感があり、眼科で「飛蚊(ひぶん)症」と診断されました。レーザーでの治療を進められたのですが不安です。レーザー治療は安全なのでしょうか。ほかに治療法はないのでしょうか。原因や治療法など教えてください。

≫ Read More

| 眼科 | 23:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

≫ EDIT

膝の関節痛、「穏やか運動」で改善

膝関節は、体重を支え、いろいろな動きによって生じる衝撃を受け止める役割を果たす。中高年になると「膝が痛い」という声が増え、なかには痛くて歩くことすらつらくなることも。だが、そんな膝関節の痛みも、適切な方法で運動を続けることが改善につながることもある。専門家に方法を聞いた。

≫ Read More

| 整形外科 | 17:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

≫ EDIT

医者もなかなか分からない心筋梗塞

「心筋梗塞=胸が痛い」とは限らない

「心筋梗塞は死ぬ程胸が痛くてつらいんでしょ?」と思っているとそれは間違い。

典型的な心筋梗塞では手のひらや握りこぶしのサイズで胸の圧迫感がでます。心筋梗塞の痛みは、叩かれたり刺されたりするような鋭い痛みというより、鈍い痛みで圧迫感や喉が詰まった感じ、象が胸にのっかった感じと表現されます。

ただこんなにわかりやすいものなら医者なら誰も見逃したりはしません。典型的心筋梗塞なんて心筋梗塞全体の1/4くらいしかないのです。

実は、非典型的心筋梗塞が全体の6~52%を占めるといいます。特に女性の心筋梗塞は医者でも見逃しやすいです。なんと女性の心筋梗塞の43%は胸痛を訴えないから医者泣かせなのです。

(1)胸以外が痛いという落とし穴……放散痛に騙されるな!
心筋梗塞の痛みは必ずしも胸が痛くなるとは限らないから厄介です。放散痛と言い、胃や肩、腕、喉、背中、時には歯が痛いという人までいます。

≫ Read More

| 循環器科 | 10:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

≫ EDIT

なぜ性犯罪を犯すのか? なぜ繰り返すのか? 「性依存症」について考える

 痴漢、盗撮、覗き、露出、下着泥棒、未成年者との性行為…毎日のように報道される「性犯罪」。しかし性犯罪者たちの供述は、判で押したように「ストレスが溜まってやってしまった」と言うばかり。そして周りの犯人についてのコメントも「まさかあの人が」「普段は真面目な人」とこちらも判で押したようで、原因がよくわからず、なぜ性犯罪を起こすのか、またなぜ繰り返すのかというのは多くの人が疑問に感じていることと思う。

≫ Read More

| 精神科 | 21:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

≫ EDIT

ギャンブル依存症の8割が「パチンコ依存」 国内400万人以上に疑いあり

 安倍政権が「カジノ解禁法」を推し進めるなか、今年8月、厚生労働省の研究班が、国内でギャンブル依存症(病的賭博[とばく])に関する調査結果を示した。依存の疑いのある人は536万人で、内訳は男性438万人、女性98万人。成人全体の4.8%で、男性に限ると8.7%に膨れ上がる。さらに、うち約8割を占めるとされるのが「パチンコ・パチスロ依存症」だ。

 こうした現状に、パチンコ業界もギャンブル依存対策に乗り出した。

≫ Read More

| 精神科 | 18:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

≫ EDIT

全国のサラリーマンにうつ病バブルの到来

抗うつ剤が日本で爆発的に売れるようになったのは、新型抗うつ剤SSRIが本格的に上陸し始めた2000年以降で、それまで170億円程度だった市場は2007年には900億円を超える市場に成長している。

特に2000年に販売を始めたパキシルはその嚆矢となった薬剤だが、販売元のグラクソ・スミス・クライン社(以下GSK)の日本でのマーケティング戦略が近頃発売された「クレイジー・ライク・アメリカ」(紀伊國屋書店)という本で明らかにされており、衝撃的な内容だ。

≫ Read More

| 精神科 | 16:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

≫ EDIT

「更年期障害」の診方

 「更年期障害」は実は日本特有の概念であり,欧米諸国で言うところの「perimenopausal syndrome(周閉経期症候群)」に伴う身体症状に加え,この年齢層の社会的/心理的背景に伴う精神心理的症状を併せたものを指します。「更年期障害」という言葉ばかりが有名になって,正しい疾患概念がとらえにくい,と苦手意識をお持ちの先生も多いかもしれません。けれども働く女性が多くなっている昨今,医療者による適切な治療が求められています。

≫ Read More

| 産婦人科 | 15:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

| PAGE-SELECT | NEXT