2014年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

高齢者のベンゾジアゼピン使用は認知症リスク上昇と関係

 不安や不眠の治療に広く用いられているベンゾジアゼピン系薬剤を高齢者に処方すると、その後の認知症リスクが1.5倍になる可能性が示された。仏Victor Segalen(Bordeaux 2)大学のSophie Billioti de Gage氏らが行った住民ベースの前向きコホート研究の結果で、論文は、2012年9月27日付のBMJ誌電子版に掲載された。

 先進国では、ベンゾジアゼピンは高齢者に幅広く処方されている。投与期間は数週間程度に留めるべきとされるが、実際には慢性的に使用している患者も少なからず認められる。

≫ Read More

| 精神科 | 11:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

≫ EDIT

眼瞼ミオキミア

【質問】60代の女性です。目の下が1日に数回、ピクピクと痙攣(けいれん)したようになります。内科で受診したところ「1カ月ほどで治る」と言われましたが、1カ月以上過ぎても治りません。もっと時がたてば治るのでしょうか。

≫ Read More

| 眼科 | 12:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

≫ EDIT

けいれん性発声障害…のどの筋肉のジストニア

 発声中にのどの筋肉がけいれんしてしまい、声が詰まったり途切れたりする「けいれん性発声障害」という病気があります。原因不明の神経の病気ですが、見た目にはわからないことから、ストレスや緊張のせいと誤解されることも多いようです。

 ある女性患者は、喉頭がんを疑われたり、精神科などにもかかったりしたが診断がつかず、医療機関を何か所もさまよったといいます。また、別の患者は「ストレスのせい」などと周囲に言われ、病院に行っても相手にされないのではと、受診すらできずに1人で悩んでいたとのことでした。

≫ Read More

| 神経内科 | 21:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

≫ EDIT

MSDが年内にも睡眠薬市場に参入 初のオレキシン受容体拮抗薬で

MSDはこの秋にも不眠症治療薬ベルソムラ(一般名:スボレキサント)で睡眠薬市場に初参入する。同薬は脳の覚醒状態に関係するオレキシン受容体を阻害するファーストインクラス薬。8月1日の薬食審第一部会で承認が了承されており、今後、9~10月の承認および年内の発売が見込まれる。編集部では、ベルソムラと既存薬の▽ルネスタ▽ロゼレム▽マイスリーとの規格や剤型などの一覧表をまとめた。

≫ Read More

| 精神科 | 21:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

| PAGE-SELECT |