| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

頻尿で疑われる病気は何?

トイレが近いのは病気が原因なのでしょうか?昔から頻尿だったという男性。これまでそういうものだと思ってきましたが、ある日これは病気なのではないかと気になるようになったといいます。どんな病気の可能性があるのでしょうか?

≫ Read More

| 泌尿器科 | 14:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

≫ EDIT

精液に血が混じる「血精液症」

前立腺や尿道などに炎症―ほとんどは自然に治る
 精液に血が混じり、それが茶褐色だったり赤みを帯びたりしていたら、何かの病気ではないかと心配になる。東京慈恵会医科大学付属病院泌尿器科の小野寺昭一教授は「血精液症という疾患で、ほとんどは自然に治ります」と話す。

痛みはない
 精液は、精子と、前立腺や精のう腺などで作られる分泌液から成っており、乳白色をしている。血精液症では、精液に混じっている血液が新しく量が多い場合には真っ赤に見え、精のう腺などにたまっていた古い血が出てきた場合には茶褐色に見える。少量の血液では、小さな塊として見えることがある。

 血精液症は、成人男性には珍しくない疾患で、40歳前後に多く、普通は痛みを伴わない。原因はよく分かっていないが、多くは前立腺や精のう腺、尿道などが何らかの細菌によって炎症を起こし、そのため出血したものと考えられている。まれに、前立腺や精のう腺の結核が炎症の原因のこともある。

≫ Read More

| 泌尿器科 | 08:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

| PAGE-SELECT |