| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アキレス腱断裂は手術したほうがいい? 手術しなかった人と18か月後に比較

アキレス腱断裂はスポーツなどで起こり、歩けなくなるなどの症状があります。治療は手術のほか装具などを使う方法もあります。治療法による違いを調べた研究から、手術した人のほうがやや勝る結果が報告されました。
 
アキレス腱断裂の治療法によって治りを比較する研究
フィンランドの研究班が、研究結果を専門誌『American Journal of Sports Medicine』に報告しました。

この研究は、アキレス腱断裂の患者60人を対象に、治療法による違いを比較しています。

対象者は、手術をするグループと手術以外の治療をするグループにランダムに分けられました。

手術なしのグループでは、ギプス固定を1週間、装具療法を6週間行いました。手術をしたグループでは、手術後の治療は手術なしのグループと同じとしました。
 
足首の動き、身体機能、痛みは手術のほうがよい
治療18か月後に比較した結果、足首を動かすときのピークトルク(動作の計測値)は手術のほうがやや勝っていました。また、患者に質問紙で聞き取った身体機能と痛みは手術のほうが良い傾向がありました。

≫ Read More

| 整形外科 | 11:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

≫ EDIT

中高年のひざの痛み、「治せる時代」へ一歩前進

ひざの痛みに苦しんでいる中高年への朗報になるのだろうか――。東京大学大学院工学系研究科・医学系研究科の片岡一則教授らのグループは1月5日、変形性関節症を核酸(mRNA)で治療する方法を開発したと発表した。

現時点ではマウスでの成果にとどまるが、位高啓史・東京大学医学系研究科付属疾患生命工学センター特任准教授は「数年後には(ヒトでの)臨床試験にもっていきたい」という。

変形性関節症は、主に加齢によりひざなど関節の軟骨が磨耗、変形して動かしにくくなり、痛みを感じるようになる病気。軟骨細胞には再生能力がほとんどないといわれており、いったん変形が始まると悪化する一方で、いまのところ根治治療の方法はない。

≫ Read More

| 整形外科 | 21:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

≫ EDIT

NHKスペシャル「腰痛・治療革命~見えてきた痛みのメカニズム~」【7月14日放送】

 日本人の4人に1人が悩む腰痛は新たな治療法が次々と登場している。椎間板ヘルニアは日帰りの内視鏡手術でも治せるようになった。3ヶ月以上続く腰痛は慢性腰痛といわれており、俳優の笹野高史も慢性腰痛に悩まされていた。そして研究の結果、腰痛の原因には脳にカギがあった。ある施設では脳に働きかける簡単な対策を行なったところ大幅に腰痛が改善することに成功した。
最新研究・長引く腰痛 原因は「脳」にあり

 東京都内に住む田中良子さん(仮名)は4年もの間、慢性腰痛に悩まされている。歩くことはできるが立ち止まったり座ると痛みが悪化するため、すぐに横になるという。食事なども横になって摂っている。4年前まではダンサーとして活躍していたが、腰痛の原因はダンスの時に起こしたぎっくり腰だったという。田中さんはこれまで様々な医療機関で腰の検査をけてきたが、結果ではいつも異常が見つからなかった。

≫ Read More

| 整形外科 | 10:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

≫ EDIT

体の衰え「ロコモ度」判定法を発表 日本整形外科学会

 日本整形外科学会は15日、運動機能が落ちて介護が必要になるリスクが高い「ロコモティブシンドローム」(ロコモ)の判定法を発表した。年齢・性別にかかわらず、台に座った状態からの立ち上がりや歩幅などによって、二つの段階に当てはまるかを判断する。

≫ Read More

| 整形外科 | 21:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

≫ EDIT

膝の関節痛、「穏やか運動」で改善

膝関節は、体重を支え、いろいろな動きによって生じる衝撃を受け止める役割を果たす。中高年になると「膝が痛い」という声が増え、なかには痛くて歩くことすらつらくなることも。だが、そんな膝関節の痛みも、適切な方法で運動を続けることが改善につながることもある。専門家に方法を聞いた。

≫ Read More

| 整形外科 | 17:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

≫ EDIT

中高年の肩の痛み 四十肩でなく「肩腱板断裂」の可能性あり

「肩関節の病変は、X線撮影で骨を診てもわからない、筋肉や腱の障害が多いのが特徴です。肩腱板断裂も肩の中の腱が部分的、あるいは完全に切れるのですが、X線画像には写りません。そのため、五十肩と診断されていることも多くあります」(北里大学メディカルセンター整形外科・肩関節外来の宮島玄陽医師)

 肩腱板断裂は、40~50代の男性の場合、酔って転び肩を打った、重いものを持ち上げた、肩を強くひねったなどの外傷がきっかけで起こりやすい。60代以上でも、よく起こるが、大半が加齢による変性で、断裂していても無症状ということもある。

(週刊ポスト2015年2月20日号 より抜粋)
http://www.news-postseven.com/archives/20150214_303018.html

| 整形外科 | 17:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

≫ EDIT

中高年に多い「変形性膝関節症」 痛み我慢すると悪化招く…早めの治療を

 中高年の多くが感じている膝の痛み。膝の関節を保護している軟骨がすり減り、痛みが出る「変形性膝関節症」が原因のことが多いという。痛みを我慢して悪化させてしまうケースも目立つ。早期の治療で症状の進行を防ぎたい。(油原聡子)

≫ Read More

| 整形外科 | 19:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

≫ EDIT

コンロビア大学メディカルセンター、3Dプリントによる膝半月板の再生医療に成功

すばらしいニュースだ。コロンビア大学メディカル・センターの研究チームは3Dプリントしたプラスティックの人工枠組みと特殊なタンパク質増殖シテムを用いて摩耗、損傷した膝半月板を再生させる実験に成功した。プラスティック製の枠組みは1月程度で体内のタンパク質を吸収して本物の半月板になるという。

≫ Read More

| 整形外科 | 21:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

≫ EDIT

女性は要注意 モートン病

40代以上の女性に多くみられるという「モートン病」、歩いているとき、神経が圧迫されて足に激痛が走る神経の症状です。なぜ発症するのかはまだ解明されていません。悪化すると神経の切除など手術が必要になります。
番組ではどのような症状が出たら「モートン病」を疑うべきか、専門医にポイントを聞きました。

≫ Read More

| 整形外科 | 11:34 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

≫ EDIT

ヒアルロン酸もはや推奨せず

変形性膝関節症ガイドライン改訂版を発表

米国整形外科学会(AAOS)は6月4日、変形性膝関節症治療に関する臨床診療ガイドライン(CPG)改訂版を発表した。ヒアルロン酸を推奨しないと明記した。変形性関節症(OA)は摩擦による消耗が原因の関節炎とも知られ、65歳以上に発症することが最も多い。米国では約3300万人がOAに罹患し、身体障害の主因となっている。

本CPGは膝関節置換術より侵襲性の少ない治療を対象としている。2009年CPGから変更された主要推奨事項は、アセトアミノフェンとヒアルロン酸に関する2点。アセトアミノフェンの推奨用量は4000 mgから3000 mg/日に減った。これはFDAが2009年以降にアセトアミノフェン使用者全般に対して変更したことによる。ヒアルロン酸の関節内注射は、14件の試験のメタ解析において臨床的に重要な改善を意味する最小閾値に達しておらず、症候性の変形性膝関節症治療法としてもはや推奨されないものとしている。

≫ Read More

| 整形外科 | 15:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

| PAGE-SELECT | NEXT