| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

抗不安・睡眠薬依存(11) 市販薬乱用しデパス食べる

 薬局で簡単に手に入る鎮痛剤やせき止め、風邪薬などの服用をきっかけに、市販薬や処方薬の薬物依存に陥る人もいる。

 北関東の30歳代の女性は、2人目の子どもの出産後から激しい頭痛に悩まされ、約10年前、薬局で鎮痛剤のナロンエースを購入した。服用量は当初、きちんと守っていたが、次第に増えていった。

 「ちょうど身内の人間関係などがゴタゴタした時期で、飲むとポワンとなり、効いている間だけは周囲の目や嫌なことを気にせずにいられました。頭痛を抑えるというよりも、無感情な感覚を求めて、用法や用量を無視して頻繁に飲むようになってしまった」

 市販薬で、だれもがこの女性のようになるわけではない。だが体質によっては、こうした過敏な反応が表れることがあるという。使用を短期間にとどめれば問題はないが、ストレスから目をそらす目的などで使い続けると乱用につながる恐れがある。

 女性は多い時、ナロンエースを1日80錠飲んだ。当時はインターネットの通信販売で、薬のまとめ買いが容易に出来た。それでも足らなくなると、薬局を何軒も回って購入した。薬代は月2万円を超えた。

 服用開始から2年ほどたった頃、不眠症状が強まり、受診した内科医院でデパス(チエノジアゼピン系抗不安薬・睡眠薬)が処方された。最初は寝る前の1錠だけだったが、すぐに歯止めがきかなくなった。「デパスも、飲むと夢見心地で悩みを忘れられた。効果が切れるとますますつらくなるため、すぐに飲みたくなる。デパスを集めるため、あちこちの医院を駆けずり回った」。ある精神科医院では、デパスに加えSSRIのジェイゾロフトなども処方された。

 「デパスは多い日は30~40錠使いました。甘いのでラムネ菓子のようにポリポリ食べた。私の場合、デパスを大量服用すると意欲が沸いて、いろいろなことができるような気になった。ナロンエースや他の処方薬も、1日計20~30錠飲んでいた」

 やがて薬の影響で気を失い、倒れた。2008年秋から、赤城高原ホスピタルに7か月入院した。この間、大量のデパスなどの代わりに、抗ヒスタミン薬のヒベルナや抗精神病薬のコントミン、レボトミンなどを一時的に使い減薬に成功した。だが退院後、またナロンエースを飲んで再入院。以後も入退院を繰り返し、今は5回目の入院生活を続けている。

 「入院中は、目を背けたい現実を直視せずに済むので、薬を飲まずにいられる。でも退院すると、仕事などのストレスに耐えかねて薬を口にしてしまう。薬に依存する生活を長く続けたことで、ストレスへの抵抗力が非常に弱くなった気がする。今度こそ、病院にいる間にストレス対処法をしっかり身につけて、必ず薬をやめたい」

(2012年9月18日 読売新聞)
http://web.archive.org/web/20120922161257/http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=65038

| 佐藤記者の「精神医療ルネサンス」 | 10:28 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

≫ EDIT

抗不安・睡眠薬依存(9) うつ病学会も漫然処方批判

 アシュトンマニュアル日本語版は、公開から1週間でダウンロード数が9703件にのぼったという。患者が訴えるベンゾジアゼピン系薬剤の常用量依存や離脱症状について、否定、あるいは見て見ぬふりをし続けたガラパゴス系医師たちは、今後、どのように責任をとるのだろうか。

 7月下旬にインターネットで公開された日本うつ病学会の「大うつ病治療ガイドライン」でも、ベンゾジアゼピンの漫然投与を戒める記述が何か所も盛り込まれた。国内の状況は、それほど深刻ということだ。いくつか抜き出してみよう。

 「近年、乱用や転売の目的で、抗不安薬・睡眠薬の入手を企てて医療機関を『受診』するケースが社会問題になっている。この点からも、BZD(ベンゾジアゼピン)系薬・バルビツール系製剤(合剤であるベゲタミンを含む)の大量処方、漫然処方は避けるべきである」

 「ベンゾジアゼピン系抗不安薬の抗うつ薬への併用が、治療初期には抗うつ薬単独よりも治療効果が高いことが示されており、選択肢となりうる。しかし、脱抑制、興奮といった奇異反応の出現に十分注意すべきであるほか、乱用や依存形成に注意し、安易な長期処方は避けることが望ましい」

 「不適切なBZDが漫然と投与継続された結果、過鎮静、意識障害、脱抑制による衝動性の亢進などがおこり、一見うつ病の症状が遷延ないし悪化したように見えることがある。また筋弛緩作用や呼吸抑制、常用量依存に注意する」

 このガイドラインでは、投与期間の制限についてはふれていないが、中等症・重症うつ病の章にこんな一文がある。「抗うつ薬とBZDの併用は治療初期4週までは脱落率を低下させるなど有用性がある」。一見、ベンゾの使用を推奨しているかのようだが、執筆者の一人はこう明かす。「4週までは有用性があるというのは、それ以上は有用性がないということ。そう読んで欲しい」。

 うつ病治療だけを扱った学会初のガイドラインで、ベンゾの投与期間制限にまで踏み込むことは難しかったのかもしれない。だが今後の改訂版では、投与期間の目安をもっとはっきりと記す必要があるだろう。

 同学会理事長の神庭重信さん(九州大教授)は語る。「ベンゾジアゼピンの国内の使用状況は明らかに過剰。来年公開予定の改訂版では、睡眠薬の使い方について踏み込んだ記述をしたい」

 こうしたガイドラインを良くしていくためには、被害報告など、患者からの継続的な働きかけが欠かせない。

(2012年9月5日 読売新聞)
http://web.archive.org/web/20121015172331/http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=64449

| 佐藤記者の「精神医療ルネサンス」 | 10:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

≫ EDIT

抗不安・睡眠薬依存(8) マニュアル公開記念・アシュトン教授に聞いた

 英国ニューカッスル大神経科学研究所教授のヘザー・アシュトンさんが作成し、バージョンアップを続けてきた アシュトンマニュアルの日本語版 が、8月19日夜、ついに公開された。当初の予定よりも遅れたが、精緻に練り上げた訳文は読みやすく、日本の実情に合わせた注釈も加えられた。

 アシュトンさんと連絡を取り合いながら日本語版を完成させたのは、以前紹介した田中涼さんと、ニュージーランド人で翻訳家兼英語講師のウェイン・ダグラスさん。2人とも日本でベンゾの長期投薬を受け、常用量依存に苦しんだ被害者だ。ボランティアで翻訳作業を続けた2人に敬意を表したい。医学監修は、「正しい治療と薬の情報」誌編集長の別府宏圀さん(神経内科医)と、東北文化学園大教授の田中勵作さん(神経生理学)が行った。

 このマニュアルの最後に記された田中さんらの思いを、精神医療に携わる人々は真摯に受け止めて欲しい。「このマニュアルは、ベンゾジアゼピン依存や離脱についての情報がなく困っている患者のためだけに翻訳されたのではなく、医師、薬剤師、製薬企業の方、厚労省の方へのメッセージでもあります」

≫ Read More

| 佐藤記者の「精神医療ルネサンス」 | 10:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

≫ EDIT

抗不安・睡眠薬依存(7) ボツになった告発本

偽りの幸福感

 抗不安薬は鎮痛目的で使われることも多く、それが薬物依存の入り口になる例が少なくない。

 中国地方の50歳代の主婦ミサコさん(仮名)は2010年初め、交通事故に巻き込まれた。運転していた乗用車を駅前に停車させ、知人を待っていた時、斜め後ろから来た車に追突されたのだ。その瞬間、「大地震が起こったと思った」。上半身に大きな衝撃を受け、以後、数分間の記憶ははっきりしない。

 体には特にけがはなく、痛みもないため安心していた。ところが事故の3日後、急に寒気と吐き気が襲ってきた。頭痛も始まり、どんどん悪化した。「脳みそが飛び出しそうな激痛で、こめかみのあたりがギリギリ締め上げられているよう。まばたきをするだけでも痛く、目を開けていられなかった」

 整形外科を受診し、脳の画像検査などを受けたが、異常は見つからなかった。激しい痛みの訴えに、医師はデパス(チエノジアゼピン系)を処方し、飲むと苦痛が少しやわらいだ。この薬は、海外ではあまり使われない抗不安薬だが、筋肉の緊張をとる作用から、日本では鎮痛目的でも多く処方される。

 ミサコさんは痛みの原因を知るため、整形外科を何か所も回った。しかし、どこに行っても原因は分からず、医師たちは詐病と決めつけた。「それほど痛いのなら僕の前で死んでみて」「(事故の相手を)裁判に訴えたいのだろう」。医師たちは痛みの訴えを退けながらも、デパスやベンゾ系を処方し続けた。

 約2年間、一時的な薬の変更はあったが、ミサコさんはデパスを飲み続けた。服薬が長期化するうちに、鎮痛効果は薄らいだが、それでも求めてしまう不思議な薬だった。「飲むと、何とも言えないブワーッとした感じでうれしさがこみ上げてきて、痛みが取れなくても安心する。本当は何も解決していないのに、心配なんかいらないと楽観できた。私にとっては覚せい剤のような感じで、このままで大丈夫なのかと思いながらも、かなり依存していた」

 だが、偽りの「幸福感」から覚める度に、激痛に直面した。痛みで顔がゆがみ、うまくしゃべれないほどだった。1人で抱え込むしかない苦痛に初めて耳を傾けてくれたのは、廿日市記念病院(広島県廿日市市)リハビリテーション科医師の戸田克広さんだった。事故の状況などを詳しく聞いた戸田さんは、脳脊髄液減少症を疑った。

≫ Read More

| 佐藤記者の「精神医療ルネサンス」 | 10:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

≫ EDIT

抗不安・睡眠薬依存(5) 薬ばらまき睡眠キャンペーン?

 国はベンゾジアゼピンの常用量依存問題について、有効な対策を講じてこなかった。それどころか、今もなおベンゾのばらまきを推奨しているかのようだ。

 内閣府が展開する「睡眠キャンペーン」のインターネットサイト(http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/suimin/index.html)を見ていただきたい。このキャンペーンは、うつのサインとされる「2週間以上続く不眠」がある中年男性を、早く医療につなげて自殺を減らそうという取り組みだが、受診した精神科や心療内科の医師が、労働環境や運動不足が複雑に絡む睡眠障害に、きちんと対応できるとは限らない。睡眠薬や抗うつ薬の投薬だけで終わるケースが多く、「キャンペーン開始後、かえって自殺者が増えた」と指摘される地域もある。

 キャンペーンの有効性は日を改めて検証するとして、今回は睡眠キャンペーンサイトの文面に注目したい。「日本睡眠学会に聞く!睡眠に関するQ&A」のページを開き、「Q15 眠れないときには、市販の睡眠薬を飲めばよいのですか」の回答を読んでいただきたい。ここでは一部を抜き出してみよう。


「(市販の睡眠薬は)一過性の不眠には有効ですが、慢性の不眠症などで連日服用すると効果が薄れ、服用量が増えたり(耐性)、中止しようとするとイライラしたり不安になり長期間の服用(依存性)につながることがあります。医師が処方する睡眠薬はベンゾジアゼピン系作動薬であり、耐性や依存性が出現しにくいなど副作用が少なく、より安全な薬です」

 おかしくないだろうか。市販の睡眠薬については、耐性や依存性を問題視しているのに、ベンゾジアゼピンの耐性や依存性には全くふれていないのだ。

≫ Read More

| 佐藤記者の「精神医療ルネサンス」 | 10:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

≫ EDIT

抗不安・睡眠薬依存(4) ドーピングされた心

 ここ数年、精神科がある病院でよく出くわす光景がある。施設の一角で、改装や新築工事が行われているのだ。聞けば、児童・思春期の専門外来や専門病棟だという。

 こころの不調は子どもにもあるのだから、適切に対処できる場所が増えるとすれば好ましいことだ。だが、成長に伴う一時的な混乱と、精神疾患の兆候とを早期に見極めるのは難しい。「早期発見」のかけ声のもと、誤診や過剰投薬で人生を大きくねじ曲げられた人は多い。

 被害者の声は軽んじられ、大人たちが早々と「病気」「障害」「前駆症状」の烙印を押した子どもたちの受け入れ先が、この少子化の時代にせっせと増えていく。

≫ Read More

| 佐藤記者の「精神医療ルネサンス」 | 10:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

≫ EDIT

抗不安・睡眠薬依存(3) 奇妙奇天烈な主治医の見解

 アシュトンマニュアルを翻訳した田中涼さん(40)は、ベンゾジアゼピンの離脱症状の激しさに加え、離脱症状にあまりにも無知な主治医の対応に苦しめられた。

 田中さんが、人前で過度に緊張したり、汗を多くかいたりする症状に悩み、精神科クリニックを受診したのは2004年夏。社交不安障害と診断され、2005年初めごろから抗不安薬のソラナックスを飲み始めた。1日2・4mgの最大用量が処方され、同年秋には別のクリニックに移ったが、そこでもソラナックスの最大用量の処方が続いた。田中さんは副作用を心配したが、2つめのクリニックの主治医が「何年も服用していい安全な薬」と話したため、計4年半飲み続けた。

 だが、効果はあまり実感できず、「お守りみたいな感覚で飲んでいた」と振り返る。日中、ひどい睡魔に襲われるなどの不調が続き、日常生活にも支障が出たため、2009年4月、主治医に薬をやめる相談をした。「抗うつ薬はやめ方に気を使うが、これは大丈夫。半分に割って服用量を減らし、その後にやめたらいい」とのことだった。

 田中さんは主治医の助言に従い、服用量を半分にした。「激しいイライラ感」などの症状が表れたが、それが離脱症状とは気づかず、7月に断薬した。この急激な減薬と断薬が、重い離脱症状を引き起こすとは考えもしなかった。断薬開始の2日後、外出中に日光がひどくまぶしくなり、目を開けていられなくなった。眼痛も起こり、帰宅後に意識がもうろうとして、救急車で病院に運ばれた。

≫ Read More

| 佐藤記者の「精神医療ルネサンス」 | 10:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

≫ EDIT

抗不安・睡眠薬依存(2) ベンゾジアゼピンの害

 ベンゾジアゼピンの薬物依存は、犯罪を誘発する恐れもある。

 奈良県は6月18日、奈良市の38歳の男性を麻薬取締法違反(向精神薬処方箋偽造)容疑で書類送検した。ベンゾジアゼピン系のベンザリンと、非ベンゾジアゼピン系だが同様の作用があるアモバンを、カラーコピーした処方箋で不正入手した容疑だ。「通常量では足りなかったのでコピーした」と容疑を認めているという。

 奈良県薬務課によると、男性は今年2月13日から5月8日の間に、3か所の医療機関(すべて内科)が発行した処方箋を偽造した疑い。同市内など16の薬局で計28枚を使用し、ベンザリンとアモバンを不正に入手したという。各744錠ずつ、計1488錠が処方された。

 事件の発覚時、男性はすでにこの薬の多くを飲み終えていた。男性は若いころにうつ病と診断され、治療を続けたが不眠症がひどくなり、薬の量が増えていったようだ。同課の担当者は「不眠の悩みだけでなく、薬が減ると体調不良が起こるため、薬を欲する気持ちが強くなったようだ」と話す。

 この男性は、明らかに薬物依存だ。向精神薬の依存は、不正入手から始まる違法薬物の依存とは異なり、医師の合法的な処方から始まる。この男性の不正行為を責めるだけでなく、薬物依存の被害者としての検証が必要だろう。

≫ Read More

| 佐藤記者の「精神医療ルネサンス」 | 09:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

≫ EDIT

抗不安・睡眠薬依存(1) 患者依存させ金もうけ!

 6月7日の夕刊からだ面に掲載したベンゾジアゼピン系薬剤(抗不安薬や睡眠薬)の常用量依存(適正量でも起こる薬物依存)について、非常に多くの反響が寄せられた。

 医師に「安全」と言われて長く飲み続けてきた薬で、知らぬ間に薬物依存に陥り、服薬を中止するとひどい離脱症状が出る。ベンゾジアゼピン系薬剤の処方量が異常に多い日本では、もともとあった症状よりも、薬物依存のため薬をやめられないケースが目立つ。

 50代の女性は「病院では『長く飲んでも大丈夫』と言っている薬ばかりなので、記事を見てびっくりした。友人もこの中の薬を飲んでおり、記事をすぐに読ませたい」と電話で語った。抗不安薬を1日3回、15年近く飲んできたという70代の男性は「副作用のない薬と言われ、いつも大量にもらい、たくさん飲んできた。医師に相談して飲む量を減らしたい」と話した。「減らし方も詳しく記事にして欲しい」など、続報を望む声も多かった。

 ベンゾジアゼピン系薬剤は、20年以上前から常用量依存の問題が知られ、処方期間を4週間未満などに限定するガイドラインを設けた国が多い。それなのになぜ、日本の医師たちは「長く飲んでも安全」と言い続けてきたのか。

≫ Read More

| 佐藤記者の「精神医療ルネサンス」 | 09:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

≫ EDIT

抗不安薬・睡眠薬依存… 離脱症状減らす『やめ方』

 抗不安薬や睡眠薬としてよく使われるベンゾジアゼピン系薬剤を長期に使用すると、薬物依存に陥る危険性がある。離脱症状を減らす「やめ方」の手順書の日本語版が近く公開される。(佐藤光展)

ベンゾジアゼピン系薬剤

 ベンゾジアゼピン系薬剤は、脳内で神経の作用を伝える物質に働き、気分を落ち着かせるなどの効果をもたらす。だが適正な量であっても長く飲むと、薬の効果が弱まったり抑うつなどの副作用を招いたりするのに加え、薬物依存に陥ることが20年以上前から知られていた。

 そのため欧米では、使用を4週間以内に抑えて依存を防ぐのが一般的だが、日本では長期処方が広く行われてきた。国連の国際麻薬統制委員会が2010年にまとめた報告では、日本はベンゾジアゼピン系睡眠薬の使用量が極めて多く、人口1000人あたりの使用量は米国の約6倍にのぼる。

≫ Read More

| 佐藤記者の「精神医療ルネサンス」 | 09:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

| PAGE-SELECT |