| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「医療不要論」のうそと“インチキ”治療の見分け方

 まったく手を加えないという意味での「自然」な死は、しばしば苦しいことを前回お伝えしました。

 たとえがんの治療を行わずとも、がんによる痛みは出ます。その場合は痛みを和らげる薬を使うという医療を行うことで、もちろんそれが医療用麻薬でも、意識もそのままで、命を短縮させることもなく、苦痛少なく過ごすことが可能になります。

 穏やかな死にも適切な医療が必要なのです。

 しかし最近書店に行くと、お医者さんが書いた「医療は要らない」か、はたまた「医療陰謀論」のような本がたくさん並んでいます。

 タイトルはあくまで手に取ってもらうためのようなものですから、皆さんは大丈夫だとは思いますが、それを真に受けて「すべての」医療が不要と思わないことが重要でしょう。

≫ Read More

| 医学一般 | 14:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

≫ EDIT

どこまで信頼できる? 医師の専門性

 仮の話ですが、医師が1人しかいない診療所(クリニック)が、次のような看板を掲げていたら、どう感じますか? 

 「内科、小児科、心療内科、整形外科、アレルギー科、皮膚科、美容皮膚科」

 そんなにたくさんの領域をホントに診療できるの?と首をかしげて当然でしょう。お客(受診患者)を集めるのに必死なんだろうな、と推測する人もいるでしょう。

 でも、けっしてルール違反ではありません。

 もうひとつ、仮の話。先週までA市で眼科の診療所をやっていた医師が、今週からB市で産婦人科の診療所を開いた――これも、ちっともルール違反ではありません。

 また、診療所に「放射線科」の看板があっても、必ずしも放射線を用いた診断や治療に詳しいわけではなく、たいていは単にエックス線撮影装置(レントゲン)があるだけです。

≫ Read More

| 医学一般 | 14:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

≫ EDIT

下血したら大腸がんを疑え?

 肛門から出血する下血は、大概が「痔」によるものです。痔は肛門が切れる「裂肛=切れ痔」と、肛門の静脈がダンゴ状に膨らんでしまう「痔核=イボ痔」に分けられます。

 肛門の中奥、直腸にできた内痔核は、普段は無症状で経過しますが、時に大量の下血を引き起こします。その出血は、血が“赤くサラサラしている”ことが特徴です。

≫ Read More

| 医学一般 | 19:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

≫ EDIT

もはや憧れの職業ではない? 医師の6割が「勧めない」

 全米の医師を対象とした調査から、次世代の若者に医療職への道を「勧めたくない」との回答が59%に上ることが分かった。調査を行った米調査会社ジャクソン・ヘルスケアは、米国の医師の半数近くが現状に不満を感じており、医療現場の空白が広がりつつあると報告している。

現状に「不満」が42%


 調査は、今春に全米の医師3,456人を対象に行われた。現在診療に従事する医師の満足度やキャリアへの考え方などに関する結果が報告されている。

 それによると、次世代を担う若者に医療業界で専門職となることを勧めたいかとの質問に対し、59%の医師が「非常に勧めたくない」もしくは「やや勧めたくない」と回答。自身の将来のキャリアの見通しについては36%が「暗い」、48%が「どちらでもない」と回答、「だいたい明るい」は16%にとどまった。また、自分の診療行為に対しては17%が「非常に不満」と答えており、「やや不満」と合わせて42%が不満を抱いていることが分かった。

 「満足」もしくは「やや満足」と答えた医師(58%)は「男性」「45歳以上」「麻酔科医」「外科または小児科を副専門科としている」「皮膚科医」が多かった。また、ナース・プラクティショナー(特定看護師)やフィジシャン・アシスタント(医師助手、ともにある程度の医療行為が許可されている看護師)と働いている、1日当たりの勤務時間が11時間以下などといった傾向が見られた。

「ビジネスマンでなく医師でありたい」

 2012年に比べ、今回の調査では1人で診療する医師が21%から15%に減少すると同時に、病院などに勤務する医師の割合が増加。病院勤務を選んだ理由については「開業による経営面の問題が面倒」が42%と最も多く、「ビジネスマンではなく医師でありたい」が32%、「開業資金がない」(27%)との理由が多かった。

 ジャクソン社の報告では、報酬への不満が大きいことも明らかになったほか、退職理由のトップ3は「燃え尽き」「医療制度改革の中での診療を望まない」「医療過誤保険や管理費用などの経済的要因」だったことも示された。また、回答した医師の18%が5年以内に、36%が10年以内に診療をやめる意向を示しているという。

| 医学一般 | 10:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ⇒「メディカル・データ・アーカイブ」トップページへ

     ▼ ランキングに参加しています ▼
     にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ 

| PAGE-SELECT |